見守る体制
~message for customer~

私たちが定期的に健康診断をするように、水道器具も年に一度のチェックが必要です。
水道器具は施設完成時には問題がなくとも、その後は使用頻度にかかわらず多くの施設でノーケア。
ハンドルは硬くなり、水漏れや器具の破損も放置されがちです。
アクアリンクでは節水のための最新節水装置の設計施工はもちろん、「水道の総合病院」として、水道器具の健康管理をチームで支えます。

水道器具の「健康」を見守る4つのチーム
~team~

  • 営業マネージメントチーム

    営業マネージメントチーム

    健康診断に例えるなら、営業スタッフはお客様の水道器具の問診・現場診断担当。
    従来の「節水」との決定的な違いや優位性、きめ細やかなアクアリンクのフィールドサポートをご説明いたします。
    同時に過去の水道使用データの収集や、現場の状況に基づき節水調査を行ないます。

  • 営業データ分析チーム

    営業データ分析チーム

    営業マネジメントチームが収集したお客様データを、過去の豊富な事例に基づき分析を行ないます。
    その結果を「節水提案」としてお客様にフィードバックさせていただきます。
    ケースカンファレンスを行い、節水に向けた適切な治療方針をご提案する、それがデータ分析スタッフです。

  • 施工マネジメントチーム

    施工マネジメントチーム

    問診と治療方針が決まれば、いよいよ治療スタート。
    施工スタッフは現場調査に基づき、節水装置の取付けと水道器具の補修を担当いたします。
    施工終了時には、体調不良だった水道器具は「健康体」となり、節水効果が期待できる環境を取り戻しています。

  • フィールドサポートチーム

    フィールドサポートチーム

    健康を維持するには、定期的な健康診断が欠かせません。
    施工チームの工事完了後は、一定期間を決めた訪問サポートを行います。
    装置の部品交換、水道器具のケアなど、最善の節水環境の提供に努めます。
    また、緊急トラブルへの対応も迅速・丁寧に行っています。